日常生活の中で不意にお金の不足を感じた時にスピーディーかつ手軽にその金額を埋め合わせてくれるのがカードローンの魅力です。

 

このサービス契約時には然るべき審査が行われた上でその結果と共に申請者の経済力や返済能力、信用度などから算出した融資限度額が決定され本人に通達されます。利用者は新規カードを手にした瞬間からその限度額の範囲内ならば何度でも、いくらでも借り入れが可能となります。

 

ただしカードローンを利用していく中では借り入れ金額がかさみ、あらかじめ通達されていた融資限度額では足らなくなってしまうケースもあるでしょう。

 

そんな時には規定の方法で増額審査を受けることも可能です。ただしこれは申請すれば誰もが通る訳ではなく、然るべき条件を備えていることが必要不可欠です。実際にこの増額審査に落ちたという人の声もネット上などで数多く存在し、その通らない理由としては年収や職業などが規定の基準に達していないケースなどがほとんどです。

 

また、すでに他社からもキャッシングやカードローンにて借り入れを行っているなどする場合には信用度が達していないとの判断により審査落ちしてしまうこともあります。

 

では審査に通るコツは何でしょうか。

 

それは最初の申請時にはある程度厳密にチェックが行われた上で融資限度額が算出されているので、新たな申請に通過するには転職や出世などで給与が上がったり、現在の企業への勤続年数がまた一年加算されたり、またあるいは最初のカードローン契約時から半年から1年ほどが経過する中で定期的に借り入れと完済を順調に繰り返してきたという場合には自動的にその人への信用度が上昇し、増額審査に通る可能性が高まります。

 

これが業者側の設定する基準をクリアしていれば晴れて通過ということになります。

 

また、ある程度の期間において借り入れと完済をきちんと繰り返していると、それが規定の基準に達したタイミングで業者側から「増額しませんか?」というお誘いがある場合もあります。このタイミングで誘いに応じて申請を行うと最も審査に通りやすくなるはずです。