おまとめカードローンとは、複数の債務を一つにまとめることで、月々の返済や金利の負担を軽くしてくれるローン商品を表します。

 

2010年にできた総量規制という規定のため、消費者金融から借入できる金額は年収の3分の1までとなってしまいました。そのため複数社の債務があり、返済のために新たに借り入れをしようとしても審査が通らず、借り入れができなくなる人が増えたのです。

 

そこで登場したのが、おまとめカードローンです。利用者にとって一方的に有利な借り換えであることから、総量規制の対象外とされました。今回は、このおまとめカードローンのメリットについて、紹介します。

 

まず、金利が高い商品を選んでいるいる場合、現状よりも金利が低い商品を利用して全額返済することで、手数料等の諸費用も一つにまとめられ、返済の負担を軽くさせることができます。

 

また、ただ返済の負担が減るだけではなく、信用情報機関にマイナスの情報が記録されることがない、というメリットも存在します。そして気になる評価についてですが、借り入れの件数を減らすことができるため、得られる評価もこれまでより高くなります。

 

大枠の融資を認められるほどの返済能力を持っている、と判断されるためです。よって、同じ金額の借り入れであっても、件数が少ないほど信頼度は上がるのです。更に、利用したことで社会的な制約がかかることもありません。

 

このように、利用することで大きなデメリットというのは存在しないのもおまとめカードローンの特徴です。おまとめカードローンは、銀行や消費者金融など様々な金融機関で取り扱っている商品で、詳細の内容はそれぞれ異なっているものの、他社借入に対する返済を目的とし、低金利の設定がされている、という共通点を持っています。

 

以上のことから、それぞれの状況に応じて、返済を軽くするための一つの手段として、おまとめカードローンの存在を知っておくのも良いでしょう。