クレジットカードを発行するときやカードローンでお金を借りようとするときは、カード会社の審査を受ける必要があります。

 

その審査を通過しなければカードの発行やカードローンが承認されないことになりますが、審査は担当者の主観ではなく客観的な情報に基づいて行われます。その情報とは、「信用情報」のことなのです。

 

信用情報とは、クレジットやローンなどの信用取引を利用した契約に関する契約の内容や返済状況、さらには利用残高などの客観的取引事実が記録されている情報です。カード会社は、この信用情報を参照して利用者が借金をしたとしてもしっかりと返済できるかどうかを判断しているのです。

 

この信用情報は、あらゆる信用取引で用いられています。クレジットローンはもちろん、自動車や住宅を購入するときのローンも同様です。信用情報の評価は、事故情報があると悪い評価になります。事故情報に該当するのは返済の滞りやクレジットカードの多重申し込みなどが挙げられます。

 

近年増えているトラブルが、携帯電話の契約に際し分割払いが認められないというトラブルです。携帯電話の契約は誰もが行うごく一般的なことであるため意識することが少ないですが、分割払いはれっきとした信用取引に当たります。

 

そのため、分割払い契約を締結する前には審査が行われ、信用情報が参照されます。この際、クレジット料金の返済が滞っていたり利用残高が非常に多いといった情報があると、分割払い契約を締結できないのです。

 

信用情報に事故情報が多かったり、評価が低い人は様々なローン契約ができません。しかし、評価は利用状況によって回復させることが可能です。

 

基本的に、毎月クレジットカードを利用して滞りなく変死することで回復していくため、携帯料金や公共料金をクレジットカード払いにして、毎月の利用額をしっかりと支払えば良い評価になるのです。

 

カードローンをはじめとする信用取引の審査にとおらない人は、まず自分の信用情報をチェックしてみましょう。